ローン中のハイエースの売却

MENU

ローン中のハイエース売却の注意点

ローン中、ローン残のある中古車のハイエース売却をする際に、まず確認して頂きたいことは、車検証の名義です。
名義が、自分または家族や親族の場合と信販会社や販売店名義の場合があります。

 

銀行などの自動車ローンなら自分名義だと思いますが、ディーラー、販売店のローンの場合、ローン会社、販売店名義になっていることがあります。
車検証の名義が自分または家族、親族の場合は、ローン中の車でも問題なく売却することが出来ますが、名義が信販会社、販売店の場合、ローンを決裁して自分名義にする必要があります。
ローン中の車(ハイエース)の売却をお考えの方のほとんどの方が、ローンを決裁してから売却することが出来ないのではないでしょうか?
なら、ローン中のハイエース、中古車の売却は出来ないのでしょうか?

 

まず、最初にローン残の金額ですね!売却の際にローン残よりも高い金額で売ることが出来るのならローンの決済も可能ですので売却することも出来ますが、ローン残よりも売却価格、買取査定価格が低い場合は、ローン決裁するために追い金、自分でローン残分を出さなければいけません。
自身で用意できない場合は、別にローンを組み直すことになりますが、結構手間がかかります。

 

ローン中の中古車の売却を考えた場合、まずは車検証の名義確認、名義が自分ではない場合は、ローン残の確認後に査定依頼という手順が良いと思います。
この際の査定は、ディーラー査定よりも車買取一括査定サイトなどで複数の査定を取り、少しでも高く売ることを考えた方がいいと思います。
また、車買取業者や中古車販売店の中には、ローン中の中古車の買取に前向きな業者もありますので、相談することも可能だと思います。


ローン中のハイエースの無料査定